産後の腰痛って何で起きるの?

ブログ 産後の腰痛はなぜ起こるのか

当院のお客様からよく頂く質問です。


それだけ出産後に腰痛になる方がとても多いという事ですが、
整体師に聞いてみると大体こんな答えが返ってきます。


「骨盤が歪んでるからですね」

「骨盤矯正をしたら良いですよ」

うん、何だか分かったような分からないような…。


骨盤矯正って実際何をするんだろう?と思いません?


私は色んなことを具体的に知りたいと思うタチなので(笑)、

もう少し詳しく説明したいと思います。


出産が体に与えるダメージは大きく、
いわゆるケガをしたのと同じです。


ケガをすると体の防御反応が働き、
傷ついた組織を修復するために炎症を起こします。


この時、炎症をおこした筋肉は必ず筋力低下がおきます。
出産の場合、どの筋肉が筋力低下をおこすかと言うと、


腹横筋(ふくおうきん)という筋肉です。

腹横筋 前後

この筋肉は腹筋の一番深い所にある筋肉で、
いわゆるインナーマッスルです。


腰痛で病院に行くと、

「腹筋や背筋を鍛えなさい」

と言われることがありますが、


そもそも腹横筋が弱くなっていると、その上にある腹直筋や腹斜筋は力が入りづらい状態になります。

腹筋

柔らかいクッションの上では踏ん張りづらいようなイメージです。

その状態で腹筋を鍛えても中々筋力が上がらないのです。


であれば、腹横筋を鍛えてからアウターの筋トレをした方が腹筋は効率よく鍛えられます。


出産を機に腰痛になる方は、この腹横筋の筋力が低下し、体幹が安定しないために、色んな筋肉を使って体を支えようとします。


本来であれば腹横筋が体幹を支えるのですが、力が入らないとなると、

何とか姿勢を安定させるために腰の筋肉を過剰に使う事になり、腰痛が起きてしまうというわけですね。


産後の腰痛を改善させるためには、この腹横筋の筋力アップが必須というわけです。


そして腹横筋の筋力低下による影響は腰痛だけではありません。


ウエストを締める筋肉でもあるため、筋力が落ちると内臓がさがりやすくなり、ぽっこりお腹の原因にもなります。

ぽっこりお腹

腰痛がなくても、産後に体型が戻らないと悩まれる方も多くいらっしゃいます。


原因の一つは、この腹横筋の筋力低下によるものです。


腹横筋が弱くなると骨盤が後ろに倒れてお尻が垂れてきます。


骨盤が後ろに倒れると膝が曲がってきて、倒れないようにバランスを取ろうと首が前に出てくるので、姿勢も悪くなります。


さらには、「尿もれ」の原因も腹横筋の筋力低下です。


腹横筋が弱くなると、骨盤底筋に力が入りにくくなります。

骨盤底筋


骨盤底筋のエクササイズはYoutubeなどでたくさん出ていますが、まずは腹横筋を鍛えてからの方が、効果は高くなります。


尿もれに悩まれている方は

・腹横筋
・骨盤底筋

の順番で鍛えると効率よく筋力アップできるので、尿もれの症状が改善していきます。


そして、産後に体のむくみや冷えに悩まれているという方は、もしかすると腹横筋のせいかもしれません。


筋力が落ちると、落ちた分の筋力を補うために
他の筋肉が過剰に働き始めます。


先にも述べましたが、腹横筋は体幹を支える筋肉の一つです。


この筋肉が弱くなると、他の体幹を支える筋肉が過剰に働き始めます。

腹横筋の影響をもろに受ける筋肉を、腸腰筋(ちょうようきん)と言います。

腸腰筋

腸腰筋のそばは、リンパ菅や血管の通り道になっています。腸腰筋が硬くなると、これらが圧迫され循環が悪くなります。


そのせいで、むくみや冷えを起こしているケースもあるんですね。


こういった筋肉バランスの乱れにより、骨盤が歪んで様々な症状が出てくるというわけです。


「骨盤矯正が良い」という説明だけだと、何となくぼんやりしていたものが、ここまでわかれば大分スッキリできるんじゃないかなと思います。


当院では、骨盤矯正という言い方はあまりしませんが、どんなことをするの?と聞かれれば、こういった事を説明して、骨盤周りの筋力アップをしていきます、と説明します。


かなりマニアックな話になりましたが、ブログでは今後も
なるべく詳しく体の説明をしていきたいと思います。


もしご質問等あれば、LINEなどでお気軽にお問い合わせください。

コメント


認証コード6153

コメントは管理者の承認後に表示されます。