簡単!セルフでできる!腰痛の原因を調べる方法

ブログ用 画像

腰痛の原因は誰も教えてくれない

慢性的に腰痛で悩んでいる方はこんな行動をされる方が多いです。

・整形外科に行く
・レントゲンに異常はないと言われる→(でも痛いんだけど…)
・シップと痛み止めを渡される→(気休め程度、根本的な解決でないことは分かっている)
・整骨院や整体に行ってマッサージや電気を当ててもらう(気持ち良い…でも痛いのは変わらず…)
・ヨガやストレッチに取り組む→改善する人もいるが余計に痛くなる場合もある
・もうどうしたら良いか分からない
・自分はもしかしたら悪い病気なんじゃないか…?と悩みが深くなっていく…。

同じような経験はありませんか?

異常があるはずなのに、異常はないと言われ、でも現実的に腰は痛い…。
一体どういう事なんだ、と不安になりますよね?

実は簡単!何が原因で腰が痛いのか調べる方法

骨の異常や病気が原因でない場合、体の動きを見る事で腰痛の原因がわかる方法があります。

どこかに筋力低下を起こしている筋肉があれば、それを他の筋肉が補って硬くなっている事が多々あります。

筋力低下を起こしている筋肉を「サボり筋」と呼んでいますが、どの筋肉がサボっているのか実際に動いてチェックしてみましょう。

◯体をひねる、前屈で腰が痛い場合
腹横筋・多裂筋・内転筋がサボっている(筋力低下)

画像の説明

画像の説明


画像の説明

◯体を横に倒す、後屈で腰が痛い場合
腸腰筋・内側ハムストリングスがサボっている(筋力低下)

画像の説明

画像の説明


画像の説明

どの動きで痛みが出ましたか?
ひねって痛かった人は、「多裂筋」「腹横筋」「内転筋」がサボり筋の可能性があります。

もし、ひねっても横に倒しても痛い場合は、原因が腰回りだけではなく、上半身や足首など複数の場所に原因がある事が多いです。

サボり筋のせいで腰に負担がかかって痛みが出ている

腰が痛い場所は、いわば他の筋肉をかばってガンバり過ぎている筋肉です。
これを「がんばり筋」と呼んでいます。

「サボり筋」のせいで、「がんばり筋」が痛みを出しています。

がんばり筋の負担を減らすためには、サボり筋を働かせないといけません。

先程の検査でサボり筋をあぶり出しているわけですね。

今回は検査に焦点を当てているので、改善方法は説明しませんが、自分の腰痛の原因がどこにあるのか分かるだけでも改善の希望が持てると思います。

ご自身のサボり筋がわかった、もしくは分からなかった、どちらでも構いせんので改善方法が知りたい方は、いつでもLINEでご相談ください。

メール予約

LINE予約

コメント


認証コード0322

コメントは管理者の承認後に表示されます。